blog

2020/04/19 11:00

こんにちは!
フジノス女子鍋プロジェクト Team Pan-sy -パンジー-です。
「もっとお鍋が好きになる」を増やすべく、女性が楽しむ料理と使いやすい鍋について、チームメンバー目線でご紹介していきます♪

前回のブログで、株式会社フジノスが取り組んでいる、「女子鍋プロジェクト Team Pan-sy -パンジー-」についてご紹介させて頂きました。

そして今日は『株式会社フジノスってどんな会社?』というお客様の、気になるポイントを楽しくご紹介していきます!


株式会社フジノスは、新潟県燕市にある、IH対応の鍋やフライパンを製造、販売している会社です。

本社の見た目はこんな感じ。ここでIH対応の鍋やフライパンを真心込めて造っています!
(ほとんどの製品を、自社工場であるここ↓で製造していますが、一部製品は協力工場で製造されています)


新潟県燕市といえば・・・
【燕三条】という名で世界でも有名な「ものづくりのまち」「金属加工のまち」であり、その名前を知っているお客様は多いと思います。
しかし、意外と知られていない、勘違いされていることとして、「燕三条」は燕三条市という地名があるわけではありません。フジノスがある燕市と、お隣のまち三条市の総称です。

フジノスでは、料理人さんたちが使う業務用の鍋やフライパンと、一般家庭用の鍋やフライパンを製造しています。
皆さんの身近にある、大手外食チェーン店や、近所の飲食店の厨房で使われているのは、もしかしたらフジノスの鍋やフライパンかもしれませんよ・・・?

なぜパイオニアかというと・・・
『世界で初めて業務用IH対応鍋を作った会社』だからです!!

すでにIHコンロはお客様の周りで身近な存在になってきていますが、IHクッキングヒーターが開発された当初は、業務用の200Vに対応できるIH鍋が無かったのです。
そこで、もともと金属洋食器を製造していて、ステンレス製品作りに高い技術力を持っていたフジノスが、電力会社から依頼を受け、世界初の業務用IH対応鍋を開発し、販売を行ったのです。

今は電力会社だけではなく、IHクッキングヒーターを作っている家電メーカー、パナソニックや、三菱、日立等の最大手の企業様より、フジノス製の鍋を「IHクッキングヒーター推奨・斡旋品」として認定頂いているんですよ♪
この3メーカーの認定を頂いているのはフジノスだけ!なんです。


そんな鍋やフライパンは、一個一個がフジノスの職人の手作業により作られている、安心の日本製。
実は高い技術力を求められる、IH鍋の製造。
フジノスの鍋職人達が、お客様に安心・安全な製品をお届けするよう、品質や環境面にも配慮し、各種認定を取得しているフジノス製品、フジノスブランドを守ってくれているんです。

だからこそ、フジノスの製品は、「グッドデザイン賞」を受賞したり、「マツコの知らない世界」や「嵐にしやがれ」などのメディアにも取り上げて頂いているんですよ!

またフジノスの製品のほとんどは20年の品質保証付き、製品の修理や部品の提供ができるので、1つの鍋やフライパンを愛着を持って末永くお使い頂けます。
1つのものを長く使えるって、お得感があっていいですよね~♪


工場見学や、各種イベント等も積極的に行っています。(しかし、現在新型コロナウイルス感染防止の観点から、当面の間休止とさせて頂いておりますのでご了承下さい)
そんなフジノスの最新情報は、フジノスHP、もしくはフジノス公式Facebookページをご覧ください。
ぜひFacebookページへの「いいね」もお願いします!


次回のブログは4月21日(火)です。
ぜひご覧ください♪